fbpx

新ばししみづが予約できる取り方・方法・裏ワザ徹底解説!電話開始日・時間は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新ばししみづが予約できる取り方・方法・裏ワザ徹底解説!電話開始日・時間は?

食べログ評価4.14の人気店「新ばししみづ」。ネタに対する確かな仕事ぶりには同業の寿司職人達も憧れるほどです。東京有数の人気寿司店であることは間違いないですが、「何か月も待つような店にしたくない」という大将の心意気で、予約は特殊な方法を取っています。

そこで今回は、新ばししみづの魅力とは何なのか、予約方法は他の人気寿司店とどう違うのか、予約方法の裏ワザはどんなものなのかについてご紹介します。気になる注文のシステム、握りの口コミも合わせてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

(食べログの点数は2018年11月9日時点のものです。)

新ばししみづとは?

以下では新ばししみづの特徴や魅力をご紹介します。

新橋の正統派江戸前寿司店

新ばししみづは高級感あふれる感じのするイマドキの店ではありませんが、正統派江戸前寿司が頂けるこじんまりしたお店です。

ネタには確かな仕事が施され、どれも味わい深いものになっています。その下には赤酢と塩をきりっと聞かせた昔ながらのシャリ。最初口にするときは少し抵抗を感じるかもしれませんが、酸味と甘みのバランスが絶妙で、後半になるにつれ癖になります。

大将の清水氏の人柄も昔ながらの「昔ながらの寿司屋の大将」といった感じで、さりげない気配りが光ります。強面ですが優しい笑顔がチャーミングで、冗談も交えながら会話をして下さるので、リラックスしながらお話を楽しむことができますよ。

新ばししみづが予約できる取り方・方法・裏ワザ

以下では新ばししみづの予約方法、予約開始日、予約の裏ワザをご紹介します。これらをマスターしてぜひ新ばししみづで絶品の寿司を堪能してみてくださいね。

電話予約は一週間前の朝8時から

1週間前の朝8時から電話予約をすることができます。例えばある週の日曜日の席を予約したい場合は、その1週間前の日曜日に予約が開始されます。他の超人気寿司店が数か月前から予約しなければいけないような中で、1週間前予約のシステムは嬉しいですね。

しかし多くの人の予約が朝8時に集中するため、回線はなかなかつながりません。中には30分電話をかけ続けたものの結局つながらず、当日の席がその間にいっぱいになってしまった、という人も。いかに8時ちょうどに電話を掛けられるかが勝負どころです。

ちなみに、営業時間内は常連でさえ電話を取ってもらえないようなので注意しましょう。

もっと簡単に予約できる裏ワザ

新ばししみづで一度は絶品の寿司を堪能してみたいですが、朝8時ちょうどを狙って電話するのは忘れたりするかもしれないし、忙しい朝の時間に30分も電話をかけ続けるなんて面倒ですよね。そんな方にとっておきの裏ワザがあります。

予約代行サービス「PLAN」で簡単1分予約

PLANは無料で予約代行サービスを行っています。以下ボタンからLINEでPLANというアカウントを友達追加していただければ、PLANが次回予約開始日にあなたのために予約をします。ただいまキャンペーン中につき、料金は予約の結果にかかわらず一切無料です。安心して簡単に「新ばししみづ」を予約してみてくださいね。

↓「新ばししみづ」を予約する
友だち追加
※席のご予約を約束するものではないことをご了承ください。

<予約方法>
1.上のボタンからPLANを友達追加してください。
2.メッセージに従って、予約内容を入力してください。
3.予約内容を送ったら予約受付完了です。予約の結果は予約開始日の後3営業日以内にLINEでお送りいたします。

新ばししみづはおまかせのみ?予算は?気になる口コミもご紹介!

新ばししみづの注文のシステム、予算をご紹介します。実際にお店に足を運んだ人の感想もご紹介するので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

メニューはフレキシブル。ランチは2万円、ディナーは3万円あれば安心。

メニューはフレキシブルで、ランチ・ディナーどちらともおまかせもできますし、お好みも受け付けてくれます。好き嫌いの無い方は、まずはおすすめで注文するのがおすすめですよ。

価格も東京の人気寿司店としてはかなり控えめで、握りのみなら一人当たり1万円強ほど。つまみとお酒を付けると2万円前後といったところのようです。ランチは2万円、ディナーは3万円ほど持っていけば足りなくなることはないでしょう。

お酒はビール・日本酒・ワインのみで、あまり種類はありません。それでも寿司や魚介類のつまみに合うもののみを置いているので、おいしくいただけますよ。

<注文例>
以下のメニュー+日本酒一合で21000円です。

【つまみ】
・かれい
・蒸し鮑
・かつお
・とり貝
・しゃこ オス/メス
・蛍烏賊 沖漬け/オイル漬け
・雲丹 出汁ジュレ

【握り】
・キス 昆布締め
・アオリイカ
・づけ
・中トロ
・こはだ
・はまぐり
・蛤小柱の出汁(椀物)
・鯵
・みる貝
・かすご
・あお柳
・車海老
・小柱 軍艦
・穴子 塩/甘だれ
・玉子

実際のメニューと評判

実際にお店で鮨を食べた人はどのような感想を持ったのでしょうか。画像と共にご紹介します。

 

View this post on Instagram

 

昨夜の「新ばし しみづ」さんの怒涛の握り、後半😅 腹一杯になって店を後にしました。 煮蛤(clam)、春子(かすご:鯛の幼魚 redsnapper)、小柱(trabecular)、車海老(prawn)、雲丹(sea urchin)、煮穴子(sea eel)、鞍掛玉子(baked egg) #鮨 #寿司 #鮓 #sushi #東京新橋 #shinbashitokyo #新ばししみづ #shinbashishimizu #鶴八系 #銀座の鮨屋には行きたくない #恐ろしいほど高い寿司ダネだったら必ず旨い鮨が食わせられるのか? #そこそこのタネでも旨いと言わせられる #そこが鮨職人の職人たる所以 #生意気言いました #東京は花粉の飛散が酷かった #私の中では派手なシャリ #後で喉が渇く #鮨ほど旨いものはない #instafood #sushistagram #welcometojapan #welcometotokyo #welcometoosakajapan

A post shared by Toru Karashima (@tkarashy) on

まとめ

新ばししみづの予約方法や予約の裏ワザをご消化しいましたが、いかがでしたでしょうか?

寿司はそもそも江戸時代に庶民の食べ物として生まれたもの。高価なネタをふんだんに使う現在の高級寿司店もとても美味しいですが、たまには「新ばししみづ」のようなこじんまりとしたお店で江戸前寿司の原点に立ち返ってはいかがでしょうか。

食事の日程が決まっていて、「普段は食べられないような人気店を予約したい!」という方は、以下の関連記事からほかのレストランの予約もしてはいかがですか?より素敵な食事ができる可能性が上がりますよ♪

 アクセス・営業時間・定休日・電話番号

・住所
東京都港区新橋2-15-10

・アクセス
JR【新橋駅】より 徒歩3分

・営業時間
【ランチ】
12:00~
【ディナー】
第一部:17:30~18:00入店
第二部:19:30以降入店

・定休日
月曜日

・電話番号
03-3591-5763

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。